FC2ブログ
合唱団のマネージメントの仕事でマンチェスターに行ってきました。

Covid-19の影響でヨーロッパでもイベントは軒並み開催中止か延期。僕もとりあえずヴェローナでソロを歌う予定だった演奏会が無くなってしまいました。

ただ幸いだったのは、昨年12月から、ドレスデン室内合唱団という合唱団のマネージメントの仕事を始めていたことです。
ドレスデン室内合唱団はドイツ合唱界を代表する指揮者であるハンス・クリストフ・ラーデマンが率い、シュッツ全曲集など数々の録音を世に送り出している伝統と実力ある合唱団です。そのプロジェクトマネージメントの責任者としての仕事は非常に刺激的です。多くの素晴らしい指揮者、演奏家、オーケストラやホールの方々と連絡を密にとりながらの仕事で、音楽家としてもひたすら勉強になる日々を過ごしています。また固定給があるので、こんな状況では経済的にも大きな助けになっています。ドイツ語と英語での面接を乗り越えた甲斐がありました。12月からは長く住んだヴュルツブルクの住居を引き払い、ドレスデンの美しい町なかに少し広めの部屋を借りて住んでいます。

3月頭には、ヨーロッパでの感染が広がる前の滑り込みセーフでBBCフィルハーモニックとのマンチェスターでの演奏会を開催することが出来ました。
89853787_3003770883018415_4914137087130730496_o.jpg

89853995_3003769579685212_8575108536692899840_o.jpg
大好きなドラマ「高慢と偏見」のあのBBCですよ。興奮しました。
マンチェスターはモダンな建物と伝統的な建物が隣り合う不思議な町でした。
89771939_3003767743018729_7614348533243576320_o.jpg
89916566_3003771756351661_6850021182654119936_o.jpg
IMG_20200307_183442[1]

残念ながらCovid-19の影響は僕個人の演奏会だけでなく合唱団の演奏会にも及んでいて、今後更にキャンセルが増えていきそうな状況です。自分の歌も合唱団の仕事も、今は状況が改善することを願って4月後半以降の演奏会に向けて準備していこうと思っています。

先週日曜日から日本に帰ってきています。

こちらの演奏会に出演するためです。
20200207103620b39.jpg

20200207103621103.jpg
土曜日の18時30分から第一生命ホールでブラームスのドイツ・レクイエムのソロを歌わせていただきます。

長野県の実家にはたったの3泊しか出来ませんでしたが、それでも久しぶりに母親と兄の顔を見られてホッとしました。

水曜日からは、土曜日の演奏会に向けたリハーサルのため東京へ。
(買いだめした食料などの大きな荷物は実家から羽田空港に直接送りました。ネットで配送依頼すると翌日には家まで取りに来てくれます。それで約2400円。本当に便利な世の中)

ドイツ・レクイエムを歌うのはこれで3度目ですが、長岡聡季さんの指揮、中江早希さんのソプラノが素晴らしく、この曲の更なる魅力に気付かされてくれるリハーサルでした。本番がとても楽しみです。

20200113062313125.jpg

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

大晦日はバンベルク交響楽団の第九の合唱の仕事でした。超一流のオケとソリストと指揮者による第九に参加して、自分が歌っていない時はただただ音楽を楽しみ、素晴らしい音楽にヨダレと涙を垂らしそうになっていた幸せな大晦日でした。
指揮は大アルト歌手のナタリー・シュトゥッツマンだったのでびっくりしました。彼女はもともと指揮専攻だったんですね。新鮮な解釈で第九に新しい息吹を吹き込んでくださいました。流れがよく、一つ一つの音楽的要素が呼応し反発する様が際立った、喜びに満ち溢れた第九でした。写真は会場のホールです。

4日と5日はブランデンブルク交響楽団のニューイヤーコンサートでオペラアリアを4曲歌わせていただきました。
20200113062151b8b.jpg
写真はブランデンブルク劇場。

202001130622070c4.jpg
大変な曲だらけな上に、2日間3公演のハードスケジュールでしたが、オーケストラの奏者の皆さんがあたたかく迎えてくださり、スペイン人指揮者のホセ・マリア・モレーノの情熱的かつ優しさたっぷりの指揮に導かれ、しっかりと歌い切ることができました。

20200113062206283.jpg

4曲のうち1曲はスペイン語のアリアで、準備が簡単ではなかったのですが、この演奏会のおかげで新しい良いレパートリーを開拓出来て、それも嬉しいことでした。
25日、クリスマスの朝はコンスタンツというボーデン湖畔の町でクリスマスミサ曲のソロを歌ってきました。
町の中心にある大聖堂が会場でした。
201912281654206eb.jpg

中はこんな感じです。
20191228165440f43.jpg

今回歌ったのは
Mikuláš Schneider-Trnavský というスロバキアの作曲家の Missa pastoralis "Alma nox"という曲です。訳すとクリスマスミサ曲「きよしこの夜」、ですね。
その名の通り、きよしこの夜のメロディーを中心にすえて、他にもたくさんクリスマスの有名曲の引用が隠されている、クリスマスにぴったりなおしゃれな作品でした。

この曲です。きよしこの夜が出てくるのは12:30ぐらいからのベネディクトゥスです。


帰りの電車から撮ったボーデン湖。
2019122816560386d.jpg