FC2ブログ
居眠り磐音江戸双紙の2巻と3巻読み終わりました!(本当は文京シビックの本番の前には読み終わってましたけど)

2巻と3巻は主人公の磐音が国許を追われる原因となった事件の真相究明解決編といった感じで、3巻の最後のカタルシスは最高でした。興奮し過ぎて上石神井駅で一人奇声を発してしまいましたよ。

でも1巻と違うのは、直接関係が無い色々なエピソードの合間に少しずつ大きな事件が進行していく形をとっていることです。色々な話しが楽しめてお得感があるといいますか…。とにかく、一層このシリーズが好きになりました。
このシリーズで再確認したのは、時代小説の主人公は貧乏に限るってことです。磐音の貧乏っぷりは爆笑ですよ。こういう時代小説他にも無いですかねえ。


それから今日は一つ嬉しいことが。文京シビックで知り合った合唱の方から仕事を紹介していただきました。こういうことがあるとすごく元気が出ますね。

明日は休みだ!
スポンサーサイト