昨日は松本の本番でした。

初めてハーモニーホールの舞台に立つことが出来て幸せでした。

今回歌ったブラームスの「新・愛の歌」、とにかく繰り返しの多さが曲者でかなり悩まされました。
同じものが並ばないようにしたいなあと思ってやっていましたが…。難しい問題ですね。

長野県で歌う機会をなかなか作ることが出来ず残念に思っていたので、こんな風に出演させてもらえて大感謝です。
アンサンブルKEYの演奏会は今回で10回目を迎えるそうですが、毎回珍しい曲を集めた意欲的な演奏会をされているのがすごいです。
皆様楽しい方たちで、打ち上げもかなり盛り上がって飲み過ぎてしまいました。

(この記事は実は2週間後に書いてます。ずるしてすみません)
スポンサーサイト