FC2ブログ
さて、もう一週間前のことになりますが、

IMG_230917_151332.jpg

Straubingというドイツ・バイエルン地方の町でモーツァルトのレクイエムのソロを歌ってきました。
痛恨のミスでプログラム冊子やチラシをもらいもせず撮影もしなかったので証拠がありませんが、嘘ではありません。

シュトラウビングの町は狭い旧市街にかわいい塔や建物が集中していて、ドイツのほかの町に比べてもかなり強めのディズニーランド感が漂っている美しい町です。

合唱団とオーケストラがアマチュアながら非常にレベルが高く、驚愕させられました。
聞けばこの2団体は、今をときめく歌曲伴奏者ゲロルト・フーバーのお父さん、ゲロルト・フーバーさんが設立し最近まで指揮しておられたそうです。(お父さんと子どもが同じ名前なんです。すみません。)
子ゲロルト・フーバーと彼の相棒である大スター、バリトンのクリスティアン・ゲルハーへルは共にこの町の出身です。
オーケストラでヴァイオリンを弾いていた父ゲロルト・フーバーさんと知り合うことが出来嬉しくなりました。

モツレク(モーツァルトのレクイエムのことを略して呼びます)のソロはとても久しぶりで、ドイツで歌わせていただくのは初めてです。
自分の成長を感じる本番になりました。

予告したミュンヘンの出演オペラの新聞批評はまた後日改めて載せようと思います。
スポンサーサイト