FC2ブログ


井口達

長野県出身。ドイツ在住。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院修士課程修了。在学中に芸大バッハカンタータクラブにて小林道夫氏の薫陶を受ける。2012年よりドイツ在住。ヴュルツブルク音楽大学にて声楽マスターを取得。Braock Vokal Mainz に招待生として参加。ヴュルツブルク大学ドイツ語科および楽理科にて学位取得。声楽を吉江忠男、多田羅迪夫、吉田浩之、モニカ・ビュルゲナー、歌曲解釈をゲロルド・フーバー、ホルガー・ベルントセン、指揮法を天沼裕子の各氏に師事。
クリスティアン・ヤルヴィ、トン・コープマン、リオール・シャンバダールらの指揮でソロを務めた他、ラインラントプファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン交響楽団、ソルブ国立オーケストラ、オーケストラアンサンブル金沢等と共演。スペイン・マヨルカ音楽祭(2017年アーティストインレジデンス)、北とぴあ国際音楽祭を始めとする日欧各地の音楽祭、ベルリン・フィルハーモニー、ライプツィヒ・ニコライ教会、フランクフルト・カイザードーム、シュトゥットガルト・シュティフト教会等でソリストとして出演。シュテファン・マティアス・ラーデマン、ゲロルト・フーバー等と共演し、リート歌手としての活動も盛んに行っている。
宗教曲の分野では、J.S.バッハの受難曲、ミサ曲、数十曲のカンタータの他、メサイア、第九、モーツァルトレクイエム、フォーレレクイエム、ドイツレクイエム、天地創造を始め数多くの作品でソロを歌う。
オペラでは、ダイドーとエネアス(エネアス)、ドン・ジョヴァンニ(タイトルロール)、ラ・ボエーム(マルチェッロ)、奥様女中(ウベルト)、愛の妙薬(ベルコーレ)、ヴュルツブルク音楽大学バロックオペラプロジェクト―ハイドン:月の世界(ボナフェーデ)、ラモ―:イポリートとアリシー(ティシフォーネ)、ミュンヘン室内歌劇場PasingerFabrik―ラ・チェネレントラ(ダンディーニ)、ミラー(ルイーザ・ミラー)等で出演。
2014-15年野村文化財団奨学生。日本クラシック音楽コンクール入賞。同声会賞受賞。ドイツ・アルミンクナープ歌曲コンクール第3位。Marktheidenfeld教会合唱団指揮者。


スポンサーサイト



テーマ:クラシック
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック