金曜日は授業の発表会のロシアオペラガラコンサートに、土曜日は寮祭に出演しました。

ロシアオペラガラは全然駄目でした…。ただただ反省。
ロシア語の暗譜の難しさに泣きました。
写真は終演後のものなので複雑な表情してますね。

土曜日の寮祭では「闘牛士の歌」と「千の風になって」をヴァイオリン、オーボエ、チェロ、ピアノの伴奏による特別版で演奏しました。人材が豊富な芸大寮だから出来る贅沢ですね。写真を載せたいところですが、メンバーが可愛い人、かっこいい人ばかりなので住所がバレて大変なことになるかもしれません(笑)だから載せないでおきます。

他にも、金管アンサンブルありヴァイオリンソロあり祭り囃子あり、美術の人の展示もありでかなり具沢山でした。
例年になくお客さんも多く、大成功の寮祭になったと思います。これはひとえに寮長の頑張りによるもの。芸大寮7年目の最後の最後に楽しい思い出をもらうことが出来て嬉しかったです。

芸術は色々な人の支えがあってこそのものですが、普段寮生を温かく見守ってくださっている地域の皆様への感謝をあらためて強く感じました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
井口さんでも
井口さんでも反省する本番があるんですかぁ。。☆
2012/02/20(Mon) 19:33 | URL | なっちゃん | 【編集
Re: 井口さんでも
そりゃあもう…。
まあいつも反省はしてるんだけどね。
今回は猛省です。
2012/02/21(Tue) 18:10 | URL | 井口 達 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック