今日もバリトン祭りの合わせでした。仕上がりは上々。

それと、今日は空き時間に有川浩の「シアター」という小説を読みました。

シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る


解散の危機が迫る小劇団「シアターフラッグ」――人気はあるのにお金がない!?
主宰の春川巧は、兄の司に借金をして劇団の未来を繋ぐ。新メンバーも加え、新生「シアターフラッグ」を旗揚げるが、果たして未来は……!?


というお話なんですが、人気はあるけど赤字の劇団がどうやって黒字に持っていくかというところがメイン。
そのメインの部分が大変面白く興味深かったです。

広報のやりかた、小道具や大道具の用意、安い稽古場の確保など、僕たちが自主企画でコンサートをやる時に考えることが詳細に触れられていて、あるあると共感したり、身につまされたり、勉強になったりと忙しかったです。

好きでやるということと、それでお金を稼ぐということ。その間にある様々な物事って本当に大事なことですもんね。改めて考えさせられました。こんなことブログに書くのはなんですが。

物語としてもきちんと楽しませてくれて、登場人物にも引き込まれ、続きが気になるところです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック