金曜日はオペラ『愛の妙薬』の本番でした。
ベルコーレ役をやらせていただきました。

旧奏楽堂という空間にオペラが合ってくれるのか不安でしたが、やってみるとかなり良いですね。古い建物の雰囲気がオペラの気分を引き立ててくれました。

考えてみると今まで出演したオペラは学生同士で作り上げたものばかりで、今回その枠からやっと外に出ることが出来たことが嬉しかったです。
優しい先輩ばかりだったキャストの皆さん、歌も演技もレベル高かった合唱の皆さん、なにより企画演出の小迫さんに感謝です。

ベルコーレみたいな面白可笑しい役はホント好きです。こういうのまたやりたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック