FC2ブログ
P7020973.jpg

昨日は温泉保養地Bad Bockletで歌曲の演奏会があり、僕は3曲Hermann Reutterという人の曲を歌ってきました。
ドイツの温泉保養地って日本のそれとはちょっとだけ感覚が違って、広々としてテラスや庭があり、そこで日光浴や散歩を楽しむことも保養の一部として大事にされているようですね。僕も本番前にすこし異様に広い庭、というか草原を散歩してリラックスして演奏会に臨むことが出来ました。
P7020970.jpg

P7020966.jpg

今回歌ったヘルマン・ロイッターは日本では全く知られていない作曲家ですね。
でも安心してください。ドイツでも全く有名ではありません(笑)
フィッシャーディースカウマニアの方は、彼のCDで作曲者、そして伴奏者として名前をみたことがあるかもしれません。
大まかにいえば、前衛に向かわずに、後期ロマン派~新ウィーン楽派ぐらいの書法で現代的なテーマを取り扱っている、個人的に非常に好みの立ち位置の作曲家です。歌曲に関していえばですが。一聴の価値ありですよー。

黒人の詩による5つの歌曲 「私の暗い手」
を紹介しておきましょう。今回はこの歌曲集から4曲目の「一人の黒人少女のための歌」(4分40秒あたりから)を歌いました。
道端の木で首をつっている恋人を茫然と眺める少女の歌です。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック