12108709_1660249027588313_7996632115558604447_n.jpg

リサイタルを終え、無事ドイツに帰ってまいりました。
伊那と東京合わせてなんと425名ものかたにご来場いただきました。
来てくださったみなさま、宣伝にご協力くださった皆さまに感謝です。

今回何より感謝しなければいけないのはもちろん、母です。
ドイツにいる僕にかわってほとんどの準備をしてくれた母がいなければ今回のリサイタルは実現しませんでした。
ありがとう!

今回のリサイタルではトークや演出に力を入れ、その結果多くのお客様に「楽しい」と思っていただけたようなので、そのことにとても満足しています。
難曲ぞろいのプログラムの過酷さや、トークと歌とのスイッチの切り替えなどに苦しまされましたが、そういった点も大変勉強になり、今後の演奏会の企画に生かして行けそうです。

PA141210.jpg

帰国の前日にお世話になった恩師に会いに行き、小学生の前で「闘牛士の歌」を歌ってきました。
子どもたちの素敵な感想や質問、キラキラした瞳からエネルギーをもらい、すごく元気になりました。

帰国の際はバスの遅延で離陸40分前に空港着となってしまい、航空会社の方に大きな迷惑をかけてしまいました。
バスの中から事前に連絡をしたところ素晴らしい対応をしてくださり、なんとかギリギリ飛行機に乗り込むことが出来ました。

それから、帰国直前にスイスで受けたオーディションの結果通知が。
見事合格!
近いうちにバーゼルのバロックアンサンブルの一員として歌う機会がありそうです。

感謝と喜び。
声楽の師匠である吉江忠男先生に10年以上前にいただいたこの合言葉。
今回の日本滞在ではこの言葉がいままで以上に心にしみました。
今後もこの思いを胸に、ますます頑張っていきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リサイタルおめでとうございます。
2015/10/25(Sun) 18:32 | URL | たんぼ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック