FC2ブログ
今日はMarktheidenfeldという小さな町の教会のクリスマスファミリー礼拝で合唱団を指揮するという貴重な機会がありました。
日曜日の発表を目的に、前日の土曜日の4時間だけ集まって練習するという形をとっている合唱団。
singprojekt.jpg
こーんな素敵なチラシをつくって合唱団を集めてのプロジェクトです。

ドイツ語で、しかも練習の際には伴奏者がいないので自分であまり得意でないピアノを時々弾きながらの合唱指導。
というわけで一週間ぐらい前からかなりおびえながら準備をしていました。

でも現地に行ってしまえば、合唱団の皆さん、そして運営している方の人がらの素晴らしさにも助けられ、なかなかいい感じになりました。
ドイツ語でたまに笑いもとりながら練習を進めることができ、「時間があっという間に過ぎた」と、参加者の方から嬉しい感想もいただきました。
自分にとって本当に大きな経験になりました。

その前日、金曜日にはPfolzheimという僕の家から電車で2時間半ぐらいのまちに、指揮者との合わせに行ってきました。
IMG_041215_121847.jpg
Pfolzheim市立劇場の音楽監督のかたが、こんど12月と1月の合計5公演僕が出演するオペラガラコンサートの指揮者なんです。
きっとこんなことでもなければこの町には一生来なかっただろうし、今後ももう二度と来ないかもしれないなあ、と思うと実に感慨ぶかかったです。
Pfolzheimに観光名所が何もなかったというのもありますが(指揮者にわざわざ聞いたら『見るべきものは無いね』と言われてしまいました)、1時間の短い滞在になってしまい、往復5時間の移動がなんとも馬鹿らしく感じられました。

明日から5日間はバッハのカンタータを歌いにマインツに滞在予定です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック