先週の日曜日は重要な本番がありました。
スペインはマヨルカ島のマヨルカ音楽祭でベルリン交響楽団のオペラガラコンサートにソリストとして出演させていただけたんです。
指揮は先日の日本ツアーでも指揮をしていたリオール・シャンバダールさん、共演者もベルリン国立歌劇場でソリストとして活躍されているナリーネさんとベルリン・ドイツオペラのラヘルさんとものすごい顔ぶれで、なんとかこのコンサートに恥ずかしくない歌を歌いたいとの一心で長く練習をしてきました。

マエストロ、共演者の歌手
14797439_10207053840523641_1573403934_n.jpg

直前に風邪を引いてしまい大きな不安を抱えての本番になってしまったのですが、なんとか調子を整えて、満足のいくパフォーマンスが出来たと思います。お客さんからのブラボー、マエストロや共演者、オーケストラ奏者からいただいたポジティブな言葉の数々は忘れることができません。

マヨルカ島は地中海の島で、ドイツではもっとも有名なバカンスの過ごし場所です。10月でも海で泳ぐことの出来る温暖な気候で、まさにバカンスのイメージが強い島ですが、歴史的な建造物も数多く、文化的にも多くの見所がある優秀な島。今回僕が歌わせていただいた大劇場も内部がとても美しく、気分の盛り上がりが歌の質をひと段階引き上げてくれたような気がするぐらいです。

IMG_221016_212915.jpg

IMG_221016_112309.jpg

今回の演奏会に先駆けて、マヨルカのドイツ語新聞とスペイン語新聞に何度かぼくに関する記事が載りました。
_20161012_133419.jpg

_20161012_133457.jpg

この音楽祭には来年も関わらせていただけることになったので、今から来年が楽しみでなりません。

最高のスペインデビューとなりました!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック