fc2ブログ
ご無沙汰しております。

今年もまた日本でリサイタルを開催できることになりました。
今回は日本歌曲とドイツ歌曲の名曲を組み合わせて、ふるさとを離れてすごす日々を、四季と心の移ろいに焦点を当てて表現するプログラムとなっています。
皆様是非お越しください。

バリトン 井口達 日本×ドイツ歌曲リサイタル 「ふるさとに続く空」
2024年5月17日(金) 19時開演 銀座ヤマハホール
2024年5月24日(金) 19時開演 長野県伊那文化会館小ホール

20240517omote-s.jpg

20240517ura-s.jpg


ピアニストには昨年に引き続き藝大時代からの演奏仲間である入川舜さんを迎えます。
演奏される歌曲は、どれをとっても美しい詩と旋律、色彩にあふれた名曲ぞろいです。有名無名を問わず20名以上の作曲家の厳選された作品が集まっておりますので、よく知られた有名曲だけでなく、新たな歌曲や作曲家との出会いもお楽しみいただけます。


チケット取り扱い: GETTIIS (ゲッティーズ)

東京公演 https://www.gettiis.jp/event/detail/101136/TI20240517
全席指定 一般 3500円 学生 1500円

伊那公演
 https://www.gettiis.jp/event/detail/101136/TI20240524 
全席自由 一般 3000円 学生 1000円
(伊那公演ではチラシ記載の各種プレイガイドもご利用ください)

主催・お問い合わせ
井口達 バリトンリサイタル実行委員会
tohru.iguchi@outlook.com

プログラム(仮)

変更の可能性がありますが、今のところ以下の曲を演奏予定です。



C. M. von Weber: Des Künstlers Abschied (芸術家の別れ)



Robert Schumann: Er ist’s

瀧廉太郎: 花

Pauline Garcia-Viardot : Im April (春に)

團伊久間: 花の街

中田喜直: ゆく春

Fanny Mendelssohn: Das Heimweh (郷愁)



Erich Wolfgang Korngold: Sommer (夏)

Alma Mahler: Laue Sommernacht (ぬるい夏の夜)

有馬礼子: 夏と薔薇

大中寅二: 椰子の実

Johannes Brahms : Heimweh III (郷愁 III)



畑中良輔: 「八木重吉による五つの歌」より II 素朴な琴

Franz Schubert: Erntelied (収穫の歌)

平井康三郎: 「酒の歌 四章」より 3. ちんちろり

Hugo Wolf: Trunken müssen wir alle sein (我らみな酔わねばならぬ)

Max Reger : Winterahnung (冬の予感)

Franz Liszt: Es rauschen die Winde (風は鳴る)

越谷達之助: ふるさとの空



Richard Strauss: Winterreise (冬の旅)

Franz Lachner: Der Vater am Christabend (クリスマスイブのお父さん)

木下牧子: 雪の街

Felix Mendelssohn: Schlafloser Augen Leuchte (眠れぬ瞳の光)

Arnold Schönberg: Am Strande (岸辺にて)

山田耕筰: みぞれに寄する愛の歌



Gustav Mahler: Frühlingsmorgen (春の朝)

高木東六: 夢見たものは
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック