久々の更新。

明後日にミュンヘン近郊のRosenheimという町で出演する教会のジルヴェスターコンサートが記事になりました。
ミュンヘン近郊で大部数が発行されているApplausとHighlightという二つのカルチャー雑誌です。

15740919_1335814793147374_3182314854785842262_n.jpg

15727333_1335814789814041_6063178288431893065_n.jpg

15726610_1335814779814042_8468068547937053332_n.jpg

色々な人との出会いの結果美しい教会でのコンサートで歌させていただけることになり、またこんな風に大体的に宣伝していただけて、素晴らしい縁に感謝するばかりです。
僕はメサイアのアリアやバッハのクリスマスオラトリオのアリアなどを歌させていただくのですが、なんとなく今までの人生での大事な場面を思い出すような曲が多く、自分の成長を感じながら感慨深く練習しています。

ブログの空白期間には長年の音楽仲間、オルガニストの大平健介と久しぶりに二人でコンサートをやらせていただきました。
Leipzigから車で一時間のものすごく小さな村の可愛い教会での本番で、こんなことでもなければこの町にくることは一生なかっただろうなあと思いながら練習。
IMG-20161101-WA0011.jpg
演奏会当日は突然のオルガンの故障で使えない鍵盤をさけての演奏会となってしまい、かなりプログラムを削減しなければなりませんでしたが、かわりに量を増やした日本歌曲withオルガンがとっても好評でした。「次はフルのプログラムで!」ということでもう一度呼んでいただける理由が出来たのでかえってよかったのかもなどと思っています。
IMG_280816_123701.jpg

八月は二週間ドイツの声楽講習会を受けに行っていました。
ワインで有名な地域の有志の方たちが運営しているこの講習会。
とても内容が濃いのに参加費が高くなく、またホストファミリーが無償で泊まるところと食事を提供してくれます。
こんなに素晴らしい講習会はほかにみたことがありません。
僕の泊めていただいたお家では、庭に遊泳用の池があり、一緒に泊まっていたコロンビア人のソプラノと時間のあるときに泳がせてもらいました。

修了演奏会では残念ながらほしかった賞をもらうことが出来なかったのですが、審査員の講評はこれまでになかったぐらいによく、手ごたえを感じることができました。

IMG_270816_151918.jpg

修了演奏会の次の日には、参加者全員であるRheinVokalという音楽祭に招待され、オペラガラコンサートを歌ってきました。
この演奏会のギャランティにより、なんと講習会の参加費が実質タダということになりました。
ミラクルです。

9月にはもうひとつ大きなコンクールが控えているので、講習会から帰ってきてからも学んだことを確かめつつ集中して勉強しています。
すっかり間が空いてしまいました。すみません。

ヨーロッパに来て最大の大きな舞台が決まりました。

Anz_BerlinerSymphoniker_April_facebook_A5.jpg

10月にマリョーカ諸島の音楽祭Festival MusicaMallorca にて、ベルリン交響楽団をバックにモーツァルトのアリアを歌わせていただけることになりました。ベルリン交響楽団はちょうど今日本演奏ツアー中なようですね。
日本ツアーでも指揮をしているLior Shambadalさんがこの演奏会でも指揮をします。
素晴らしいオーケストラ、指揮者と共演させていただけることに今から興奮が抑えられません。
また、この音楽祭でつながった縁を通じて来年もいくつか大きな舞台をいただけそうで、いままで頑張ってきたことがやっと実を結んでくれそうかな、と嬉しく思っています。
すっかり間が空いてしまいました。
府中での素晴らしいロ短調に出演させていただき幸せな時間を過ごしたあと、少しだけ日本国内を旅行し、今はドイツでの生活がやっと落ち着いてきたところです。
12931151_1102615383133984_7542943092091327932_n.jpg

ドイツに帰ってきてすぐに、新しいプロフィール写真の撮影がありました。
いままでのものが少し威圧的すぎた感があったので、自然な感じを目指しました。
どれを主に使っていくかまだ決めかねているところです。

DSC_0149.jpg

DSC_0180.jpg

DSC_0197.jpg

今週末はニュルンベルクとリヒテンシュタインでオーディションがあります。
久しぶりのオーディションですので、自分の成長を自分に示すことが最大の目標です。